歯が折れた・あごが痛い・歯医者が怖い。ご家庭での子供の歯の悩み相談。

子供からの訴え・家庭での対処

トップページ>子供の歯のトラブル>子供からの訴え・家庭での対処

子供が歯磨きを嫌がります……

知育ぬいぐるみ「ミニ ドラゴン」

知育ぬいぐるみ「ミニ ドラゴン」お子さんの年齢にもよりますが、3歳以下のお子さんであれば、お母さん、あるいはお父さんが仕上げ磨きをしていると思いますので、子供がいやな思いをして歯磨きを嫌いになってしまわないように工夫してあげてください。キャラクターのついた歯磨き粉、味がついているジェルタイプのものなどは、比較的お子さんが好まれると思います。また、歯磨きに関する絵本や知育玩具などで、歯磨きへの関心が高まるように工夫してあげるのも方法のひとつです。
あまりきちんと磨けないようですと虫歯・歯周病が心配ですので、定期的に歯科医院を受診するなどして、お子さんのお口のなかの状態を把握するようにしてください。

写真提供・協力 オルソネット (http://www.braces.or.jp/orthonet/)

このページの先頭に戻る

子供が怖がって、歯医者さんに行きたがりません。

お子さんは、概して歯医者さんを怖がるようです。
ですが、その年齢のお子さんはいったん虫歯にかかると進行も広がりも早いので、「怖がるから」と診療を先延ばしにするのはよくありません。
歯医者は、大人でも怖がる方がいらっしゃるもの。お子さんをだまして医院に連れてきたり、「歯医者さんに削ってもらうよ」などと脅したりといったことはしないで、納得して治療に通えるようサポートしてあげてください。

このページの先頭に戻る

あごが痛いと訴えてきました!あごの関節から音が鳴っています……

顎関節症の可能性があります。
最近では、小学生でも、顎関節症の症状を訴えられるお子さんが少なくありません。

顎関節の異常

  1. 口が開きづらい
  2. 顎関節や顔の筋肉の痛み
  3. 口を開けたり閉じたりしたときに、顎関節から音がなる
  4. 口がまっすぐに開かない

顎関節症は、咬み合わせにも影響を及ぼしますので、矯正歯科か一般歯科を早めに受診してください。

このページの先頭に戻る

歯磨きがいい加減なようで、歯ぐきから血が出ています。

子供は、歯肉炎にはなりにくいとされていますが、歯磨きをおろそかにしていると歯ぐきからの出血などをともなう歯肉炎にかかる可能性があります。まれに、なんらかの病気で、だ液の量が減ったために、子供でも歯肉炎になるケースもあります。歯磨きを頑張っても、なかなか改善されないようでしたら、精密検査を受けられたほうがよいと思います。
小さい頃からきちんとした歯磨きを身につけておくことで、大人になってから歯周病や虫歯のリスクを下げることができます。

このページの先頭に戻る

家の中で転んで歯が折れました。 歯並びにも影響がありますか?

折れた歯はどうなりましたか? 神経のところ(歯髄)まで折れてしまったら、歯の根っこの治療をして被せ物を入れる必要があります。
また、歯並びに特に影響はないと思いますが、逆に転倒で歯が折れたというのは出っ歯のせいかもしれません。出っ歯が原因で、今回のように歯が折れたり、本人がくちびるをケガしたりするようでしたら、矯正治療を考えられたほうがいいと思います。

歯のケガをしてしまった場合の対処と予防

このページの先頭に戻る

子供が歯並びのことを気にしているようです。どのようなケアが必要ですか?

子供が歯並びのことを気にしているようです。どのようなケアが必要ですか?歯並びなど見た目を気にして、引っ込み思案になるお子さんもいるようです。咀嚼や発音などの機能にも問題があったり、歯が見えるため笑わないようにしたりといったことで、お子さんが人とコミュニケーションをとれなくならないように、見守ってあげてください。
ご本人が気にされているようでしたら、矯正治療を受けさせて精神的負担を軽くしてあげるのもひとつですし、また、何より、お子さんが「見た目」にこだわることなく、自分の内面に自信をもてるようにサポートしていくことが大切です。