乳歯列期の歯と歯並びの悩み解決。虫歯予防には歯磨きを。

赤ちゃんの歯の心配事

トップページ>赤ちゃん・子供の歯の心配事>赤ちゃんの歯の心配事

歯はいつから生えてきますか? 生えてきたら注意すべきことは?

通常、乳歯が生えはじめるのは生後6ヵ月ごろですが、乳歯の生える時期には個人差があります。
なかには、生まれたときから歯が生えていたり(先天歯)、生後まもなく歯が生えたり(新生児歯)することもあります。心配されることはありませんが、授乳が困難になったり、お子さんが口の中をケガしたりするような危険がある場合は、小児歯科医にご相談ください。

先天歯

先天歯乳歯は、大人の歯に比べて虫歯になりやすいものです。歯が生えてきたら、虫歯にならないよう、歯ブラシでお口のなかを清潔に保ってください。
また、虫歯の原因となる細菌は、お母さんからお子さんに感染することが多いとされています。お母さん自身がお口のなかを清潔にすることが、お子さんの健康を守ることにつながります。加えて、離乳食を与える際に、口移しをしたり、スプーンやおはしを共有したりしないようにも気をつけましょう。

このページの先頭に戻る

歯ぐきに白いやわらかいブツブツができてきました。大丈夫でしょうか?

上皮真珠

上皮真珠
おそらく上皮真珠と呼ばれるものだと思います。
乳歯をつくるための組織の残りです。生後6ヵ月もしないうちに消えますので、ご心配ありません。 ですが、授乳が困難になったり、お子さんが口の中をケガしたりするような危険がある場合は、小児歯科医にご相談ください。

このページの先頭に戻る

歯磨きはいつからはじめたほうがいいですか?

乳歯が生えてきたら、歯磨きを開始してください。
通常、生後6ヵ月ごろに、まず下の前歯が生えていきます。乳児の歯は虫歯になりやすいので、しっかりと汚れを落としてあげましょう。
また、虫歯予防には、歯磨きだけではなく、正しい食生活を身につけることがなによりも大切です。母乳や哺乳ビンを与えながら寝かしつける習慣は、離乳が完了する前の時期(9〜11ヵ月)までにやめるようにしましょう。

このページの先頭に戻る

おしゃぶりを与えていますが、歯に悪い影響はあるのでしょうか?

離乳が終了する1歳半ぐらいに、おしゃぶりに頼らないで済むようになれば理想的ですが、4歳以降のお子さんの場合は、指しゃぶりやおしゃぶりは、あまり気にしなくて大丈夫です。いろいろな説はありますが、おしゃぶりをしていても、それで歯並びが極端に悪くなることは少ないとされています。

今は大丈夫。でもずっと続けると

今は大丈夫。でもずっと続けると

ただし、もう少し大きくなって、永久歯が生える直前まで、お子さんが指しゃぶりを続けている場合は、出っ歯や開咬(奥歯を咬みしめたときに、前歯や横の歯が咬み合わない状態)といった歯並びの乱れの原因となることがあります。指しゃぶりが原因で開咬になってしまうと、咬み合わせや発音に異常がおきる場合もあります。
そのため、4歳をすぎたら、指しゃぶりをしないように、しつけるほうがよいでしょう。また、永久歯が生えるころになっても、指しゃぶりがなおらない、歯が咬み合わないなどの異常が見られた場合は、早いうちに小児歯科医にご相談ください。

このページの先頭に戻る

口唇裂・口蓋裂と診断されました。

口唇裂:くちびるが割れた状態

口唇裂:くちびるが割れた状態

口蓋裂:上あごが割れた状態

口蓋裂:上あごが割れた状態

口唇裂・口蓋裂は500人に1人の確率でおこる症状です。原因は遺伝的要因、ホルモンやビタミン異常といった環境的要因などが考えられていますが、現時点では、はっきりした原因は確定されていません。今は妊娠中の超音波検査などで出産前に口唇蓋裂と診断されることも多いですので、きちんと知識をもって、赤ちゃんを迎えてあげましょう。

口唇裂・口蓋裂の治療

口唇裂は生後2〜3ヵ月のときに、口蓋裂は1歳をすぎたころに外科手術が必要となります。
また、歯並びに異常が出ることが多いので、乳歯の生えそろう3歳ぐらいから経過観察をはじめるとよいでしょう。通常、矯正治療は自費診療となるのですが、口唇裂・口蓋裂の方の場合、保険適用となり、また条件によっては、自治体が一部治療費を負担してくれる場合もありますので、利用するとよいでしょう。

このページの先頭に戻る

いつまでたっても歯が生えてきません。

通常、お子さんの歯は生後6ヵ月ぐらいに生えはじめて、3歳ぐらいには臼歯も含めて20本の歯が生えそろいます。歯が生える時期には、個人差があるので、あまり心配される必要はありませんが、1歳を過ぎても歯が生えてこないようでしたら、かかりつけの歯科医または小児歯科医にご相談ください。

原因としては、くる病、先天性甲状腺機能低下症(クレチン病)、ダウン症をはじめとするなんらかの全身疾患や先天性欠如歯、あるいは埋伏歯・癒着歯などが考えられます。
先天性欠如歯はすべての歯が生えてこない(存在しない)場合と、1〜数本の歯が生えてこない(存在しない)場合があります。歯が数本足りないままの状態が続くと、歯並びや咬み合わせがおかしくなる可能性が高くなります。早い段階で、小児歯科や矯正歯科を受診することをおすすめします。